• アーカイブ

  • カテゴリー

新型コロナワクチン 3回目接種

2022年1月14日

新型コロナウイルス変異株による感染拡大が心配される中、当院におきましては、感染防止に万全を期すため、

院長・スタッフ、新型コロナワクチンの3回目追加接種を受けさせて頂きました。

接種にあたり、ご尽力頂いております医療関係者の皆様に感謝いたします。

これからも一層気を引きしめ、患者様に安心して来院していただけるよう努力してまいります。

新年のご挨拶

2022年1月7日

 

 

新年明けましておめでとうございます。

 

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガーデン歯科です。

 

 

 

年末年始、皆様はどのようにお過ごしでしたでしょうか。

 

 

年が明け、お休み中に起こったお口のトラブルでご来院される方も多くいらっしゃいます。

 

 

新しい年を綺麗な健康な歯でスタートさせるためにも、些細な事でも何か気になることがあれば

ぜひご気軽に当院にご来院ください。

 

 

 

当院は今年も皆様との出会いを大切にし、一人でも多くの患者様のお気持ちに寄り添えるよう、

そしてたくさんの笑顔に出会えるようスタッフ一同がんばってまいります。

 

 

 

本年も神保町ガーデン歯科をどうぞ宜しくお願い致します。

 

 

Dental hygienist

 

 

 

最近のメタルフリー症例(ジルコニアインレー編)

2021年12月27日

 

こんにちは!

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

2021年も残すところあとわずかになりました。

 

 

今日は、『ジルコニアインレー』でメタルフリー治療をされた患者様の症例をご紹介いたします。

 

 

 

治療前の銀歯が入っている状態です。

 

 

 

ジルコニアインレーをセットした状態です。

 

 

 

 

 

別の箇所の治療前の銀歯が入っている状態です。

 

 

 

銀歯を外したら、中から虫歯が出てきました。

 

 

 

 

しっかり虫歯を取り除き、ジルコニアインレーをセットしていきます☆

 

 

 

こちらはセットするジルコニアインレーの写真です。

 

 

 

 

 

そして、虫歯を取り除いた後ジルコニアインレーをセットした状態がこちらです。

 

 

 

 

 

 

他の歯ととても馴染みが良く、直接見ても詰め物が入っているようには見えません!

 

 

「ジルコニアインレー治療」

 

・利点  プラスチックに比べ強度が高く、色調も良い

 

通常のセラミックよりも強度が高い

 

摩耗・変色が無い

 

歯垢が付きにくい

 

・欠点  保険適用外となり銀歯よりコストがかかる

 

装着等の操作が繊細

 

・通院回数   一か所概ね2回(ケースによってはプラスされる場合もあり)

 

・費用     現在、『セラミックインレー・ジルコニアインレー フェア』 を行っております。医院にお問い合わせください

 

 

お問い合わせお待ちしております。

 

 

Dental hygienist

 

 

 

デュアルホワイトニング(続報)

2021年12月16日

 

 

こんにちは!

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

 

今回は、以前もブログでご紹介させていただいた、オフィスホワイトニングを行った患者様のご紹介です。

 

 

 

この患者様はメンテナンス時に、「今よりももっと白さを追求したい」とおっしゃっていたので

デュアルホワイトニング(ホームホワイトニング+オフィスホワイトニング)をおすすめしました!

 

 

ホームホワイトニングは、マウスピースの作製を行い、薬剤の処方を受ければ

自分の好きなタイミングでいつでもできることが最大のメリットです☆

 

そして、歯の内部の隅々まで時間をかけてじっくり漂白するため

色戻りがしにくくなり、歯の白さも長持ちさせることができます♪

 

 

 

こちらが、ホワイトニング前の患者様の口腔内写真です。

 

 

オフィスホワイトニング後のお写真です。

 

 

デュアルホワイトニング後のお写真です。

 

 

 

透明感もでて、かなりトーンアップすることが出来ました!

 

 

患者さまもここまで白く変化するとは思っておらず、とても喜んでおりました♪

 

 

 

 

Dental hygienist

 

 

 

『JIADS総会・学術大会』参加

2021年12月13日

 

 

こんにちは!

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

12月12日(日)第28回JIADS総会・学術大会に院長、歯科衛生士が参加しました!

 

「ドクターセッション」

「DHセッション」

と分かれており、私たち衛生士は「DHセッション」に参加しました。

 

午前は、

「歯科衛生士が担う”防ぎ・守る″」予測歯科

「外科処置時における簡易感性に配慮した感染予防対策」

を聴講しました。

 

午後は、

「再生療法を必要とする患者における細菌検査の必要性と歯科衛生士の役割」

など、臨床力をステップアップするためのキーポイントや、

私達が『そこが知りたかった』といった内容がたくさんちりばめられており、

有意義な学会参加となりました!

 

 

コロナ禍においては、私達の参加していた学会、勉強会等は全てリモート参加となってしまいました。

 

ここ最近は、やっと会場をリモートで繋ぐハイブリット開催となってきました。

 

 

今後も日常の診療、学会参加ともに感染対策を十分に考慮して、患者様により良い歯科医療を

提供できますよう頑張っていこうと思います。

 

 

(コロナ禍以前の学会参加の様子です。)

 

 

 

Dental hygienist

 

 

ホワイトニングとレイヤリングジルコニアクラウン

2021年12月10日

 

 

こんにちは!

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

今回ご紹介させて頂く患者様は20代女性の方で、

いつもニコニコしていてとても可愛らしいお方でした♪

 

 

当院来院時のご希望は、

「子供の時に神経をとった上の前歯の色が変わってしまったため綺麗に治したい。できれば全体的にも明るい口元にしたい。」

とのことでした。

 

 

 

 

神経のない歯は経時的に色が暗く変色してしまうことが多く、審美的に問題となる場合も多々あります。

 

神経のない歯に対する漂白治療(ウォーキングブリーチ)も考えましたが、

他の歯も全体的に明るい色にするには十分な白さが得られず、レイヤリングジルコニアクラウン

で治療することになりました。

 

 

処置後の状態です。

 

 

 

気になっていた1本の歯以外もオフィスホワイトニング、エナメルケアによって、明るいカラーに変化し

それに合わせて、セラミスト作制によるジルコニアクラウンをセットした状態です。

 

他の歯と、色調、形態、表面の性状がかなりマッチングしています!

 

 

患者さまもとても喜んでおられました☆

 

 

dental hygienist

 

 

年末年始の診療について

2021年12月7日

こんにちは!

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

2021年も残り約1カ月となりました!

皆様にとって今年はどんな1年でしたか☆?

 

 

12月に入り、皆様を笑顔でお出迎えする受付には

クリスマスツリーが登場しました♪

 

 

 

今年の年末年始の診療は、

 

年内は、12月28日(火) 19:00迄

(土曜診療は12月18日(土)が最後となります。)

年始は、1月6日(木) 10:00から通常通り診療致します。

 

 

年末にかけて皆様お忙しい中での来院となられるかと思われます。

早めにご相談いただければ、予約のスケジュール調整等もさせていただきますので、

お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

尚、メンテナンス、クリーニングのご希望の方も

ぜひ、お早めに!

 

 

皆様の来院をお待ちしております♪

口腔内細菌の顕微鏡検査

2021年11月24日

 

 

こんにちは!

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

 

皆さんは歯周病が全身に様々な悪影響を及ぼすことをご存じですか?

 

 

歯周病の原因となるのは、プラークの中にいる細菌です。

このプラークは時間とともに量が多くなり、酸素が少ない状態になるとその中で

酸素を嫌う悪玉嫌気性菌が多くなります。

 

悪玉菌が起こす炎症による毒性物質が、歯肉の血管から全身に入り、様々な病気を引き起こしたり、

悪化させる原因となります。

 

 

もちろん、歯を支える骨も溶かされてしまい、重度の歯周病へと進行していきます。

 

 

 

当院では位相差顕微鏡を導入しており、

細菌の数、ある程度の菌の性質を検査することが出来ます。

 

 

患者様の口腔内のプラークを採得し、liveで動いた細菌をみていただいております。

 

 

 

 

口腔内の細菌を1000倍に拡大して見ることができます。

 

 

 

まずはこちらの写真をご覧ください。

 

 

これは歯周病の患者様から採取したプラークを位相差顕微鏡で見た図になります。

 

 

拡大してみましょう。

 

 

おわかりいただけますか?

 

ヘビのように細長くうねうね動くのがスピロヘータです。

 

 

スピロヘータとは歯周病の代表的な細菌で、大気を嫌う偏性嫌気性細菌なので

歯周ポケット内部でよく見られます。

 

 

こちらが、一連の歯周治療を行った後の、穏やかな口腔内から採取した顕微鏡像です。

 

 

 

菌数が格段に減ったのが目に見えてわかりますね!

 

 

口腔内には常に常在菌がいます。

細菌を0にすることはできません。

 

常在する悪玉菌は定期的なメンテナンスを行うことで、

細菌数を格段に減らし、活動を抑えることが出来ます。

 

 

皆様もご自身の口腔内の動いている細菌を位相差顕微鏡で見てみませんか?

 

 

dental hygienist

 

 

 

「医療連携施設」

2021年11月18日

 

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

 

院長 「三井記念病院 地域連携フォーラム」 「口腔外科で扱っている疾患について」に参加いたしました 。

 

当院は、

『社会福祉法人 三井記念病院』 三井記念病院登録医

 

 

『東京医科歯科大学付属病院』 医療連携登録施設

 

 

『日本大学歯学部付属病院』 医療連携施設

 

 

に、認定されております。

微力ながら、地域連携による質の高い医療をお届け出来る様に努力してまいります。

 

なるべく抜かない治療

2021年11月16日

 

 

神保町駅A9出口より3分
新御茶ノ水駅B5出口より5分
小川町駅B7出口より6分

の神保町ガ―デン歯科です。

 

 

 

当院では、なるべく歯を抜かない治療を心掛けています。

 

あまりに様々なケースがありますが、今回は、先日たまたま定期メンテナンスにいらした患者様の一例をご紹介させて頂きます。

 

 

 

このケースは、外傷で歯根が破折してしまった歯を抜かずに保存したものです。

 

 

 

 

患者様は、お友達と正面衝突してしまい、脱落した差し歯と、歯肉の痛みを訴えて急患来院されました。

歯の根がバラバラにひび割れて歯肉が腫れています。

このような状況では、歯を抜いてしまって、「ブリッジ」や「インプラント」を選択することも間違ってはいないと思われます。

 

 

 

 

当日は、詳しい診断ができないため、バラバラの破片を取り除き、仮歯を入れて、ぶつけた痛みが引くのを数日待ちました。

 

 

 

 

 

急性の症状が落ち着いた状態です。この状態で患者様と相談です。

出来るだけ「インプラント」等ではなく、抜歯をせず、ご自身の歯を残す事をご希望されました。

 

 

但し、このままでは残った歯根に「差し歯」を入れる事は出来ません。

歯肉のてっぺんから5ミリ程深い所まで破折が及んでいます。差し歯を歯肉の中に無理に突っ込んでしまえば、フィットも悪く、

歯肉は常に炎症を起こすことになり、せっかく保存しても調子が悪いか、あるいは短命に終わってしまいます。

 

 

 

そこで、深い位置で破折した歯根にフック状の「矯正装置」をつけて、確実に新しい差し歯が入れられる位置まで、引き上げ、歯を残すことを試みることにしました。

矯正的挺出」という方法です。

 

 

 

 

何回か矯正装置の調整を行い、数週間後に装置を外し、歯肉の小さな外科処置が終わった状態です。

深くで破折していた部分もきれいに露出しています。これで通常の修復をする事が出来ます。

セラミッククラウンを装着し、良好に経過しております。

 

 

 

治療から10年後の現在の写真です。

 

 

 

この症例は、神保町への移転前の2012年の治療になりますが、患者様は現在もメンテナンスに継続来院されており、

当該歯も約10年間、問題なくご使用いただいております。

この様なかなり厳しい条件の歯でも、何とか抜かずに済む場合もあります。

 

 

 

わずか一例ですが、出来るだけ保存的な治療を心掛けております。

(但し、抜歯をすることが最良の治療方法であることも多々あることをご理解いただければと思います。)

 

 

 

 

 

1 2 3 4 5 6 7